クエン酸サプリメント比較|クエン酸が良い理由は?

クエン酸サプリメント比較|クエン酸が良い理由は?

クエン酸の体の中の役割

疲労回復にはクエン酸と言われるほど、体の中で非常に十よな役割を担っています。これは有機酸の一種でもあり、TCAサイクルと呼ばれる回路において必要なエネルギーを作り出しています。一般に、体に乳酸という疲労物質がたまると、体がだるくなったり疲れを感じたりするものです。そこで、力を発揮するのがクエン酸です。乳酸を取り込んで、エネルギーに変換することができるのです。このような仕組みによって、体の中でさまざまな働きができるようになります。
そのうちの一つの効果は、疲労を回復させることです。乳酸がたまることによって酸性になっている血液をアルカリ性へと調整するため、疲労を回復させるのに効果があると言えます。
また、筋肉の中にある乳酸を分解することができるため、筋肉痛や肩こりを治すこともできるようになります。さらに、腎臓にも働きかけることによって、その機能を活性化することができます。そのため、血液をきれいな状態にするとともに、大事な血管を丈夫にするという役割もあります。他にも、クエン酸には、美肌効果もあると言われています。それができるのは、体の新陳代謝を促進することによって、新しい細胞ができるよう助ける役割があるからです。

クエン酸の体の効果とは

疲れやすい体の方におすすめしたい健康食品がクエン酸です。
クエン酸はパイプの洗浄剤としても使われていますが、健康食品としてもポピュラーなのです。
酸味を構成する成分であり、レモン、梅干、もろみ酢などに含まれています。
酸っぱいものを食べると疲れが取れると感じる方が多いでしょうが、これはクエン酸が含まれているためです。
疲労回復に効果的な栄養素であり、価格が非常に安いのがメリットです。
特に粉末タイプはリーズナブルで、ひと月1,000円程度の費用で飲めます。
粉末を水に溶かしてスポーツドリンクの代わりとして飲んでいる方もいますが、香りはないのでレモン水よりは風味が劣ります。
美味しく飲むためには、適量の砂糖や人工甘味料を加えてもいいでしょう。

 

毎日飲んでいると疲労しにくくなり、翌日に疲れが残らなくなってきます。
これは乳酸がスムーズに排出されるためで、同時に代謝が高まって痩せやすくなります。
肥満や血液ドロドロに悩んでいる方に効果的で、副作用がないのもメリットでしょう。
ただ、酸味が強い成分なので大量に飲み過ぎるのはよくありません。
胃痛を感じるようであれば濃度が高いので、もう少し薄めて飲むようにしましょう。
胃痛や口内炎が生じるようであれば、飲み過ぎだと考えてよいです。

クエン酸でダイエットとはそういうこと

クエン酸と聞くとレモンなどの柑橘類や梅干しに含まれる成分で、疲労回復効果があるイメージですが、実はダイエットにも効果があります。人の体内には様々なエネルギー代謝回路がありますが、その中の一つにクエン酸回路というものもあります。食事により体外から摂取することもできますが、この回路により体内で生成し、エネルギー代謝を促す効果があります。しかし、不規則な生活や食生活などを続けているとこの回路の働きが低下してしまいます。すると同時進行で行われているエネルギー代謝も低下してしまうため、体内の脂肪燃焼が上手くいかずに体脂肪を落とすことができません。しかし、この時にクエン酸を食事やサプリメントなど体外から摂取すると、滞っていた回路を活性化することができます。すると同時に身体の新陳代謝も活性化するため、脂肪燃焼も促され、痩せやすい身体になります。つまり、ダイエットサポートをする効果があるということです。しかし、いくらダイエット効果があるといっても、これだけを摂取していればいいと言うわけではありません。代謝を促すためにはバランスの良い食事と適度な運動が必要です。そのため、サポートとして適度に取り入れることをおすすめします。

クエン酸は黒酢に豊富に含まれている

人の体は食べ物から作られています。
食べる食べ物によって、健康であるか不健康になってしまうかが変わってきてしまいます。
体によい成分を積極的に摂取するようにしたいものです。
体によい栄養素はたくさん存在しています。
その一つにクエン酸があります。
クエン酸とは、疲労回復に効果がある成分です。
レモンやオレンジなどの柑橘類や梅干などの酸っぱい物に多く含まれています。
クエン酸は黒酢にも豊富に含まれています。
アミノ酸もたくさん含まれていますのでダイエットにも効果的です。
女性の美容であるお肌のハリやツヤを改善させる効果があり、内臓脂肪や皮下脂肪を減らす効果もありますので女性のアンチエイジングにもぴったりの成分です。
黒酢は血液の流れをサラサラにする効果もありますので、コレステロールや中性脂肪を減らすことができ、高血圧や糖尿病を防ぐことができます。
体にいい成分でも過剰摂取は逆効果になりますので、1日に大さじ一杯ぐらいを目安に摂取するようにしましょう。
運動前に摂取すると脂肪燃焼効果が期待できますので、有酸素運動も同時に行うようにするとなお効果的です。
体にいい成分ですので効率よく摂取して、健康になりたいものです。

クエン酸と疲労回復の関係

疲労が溜まりやすい方は、血流が悪いことが多いのです。
血液がドロドロだと流れにくいので、全身に栄養を速やかに運搬できなくなります。
それにより細胞が軽い酸欠や栄養不足を引き起こし、疲れの原因ともなるのです。
疲労回復のためには体の巡りを解消していく必要があるので、酸味成分の摂取をおすすめします。
クエン酸を摂取すればクエン酸サイクルが正常になって、乳酸や有害ミネラルが排出されやすくなります。
疲労物質が排出されることで疲労回復し、肌の状態も整っていくはずです。

 

疲労が抜けなくて困っている方は、体の巡りを改善することから対策をしましょう。
食後にクエン酸の水溶液を飲用し、あとは毎日の入浴で体を温めていきます。
体が温かくなるほど脂肪も燃えやすく、太りにくい体質に変えることができます。
疲労回復のためにはシャワーよりも入浴が効果的なので、1日10分以上は湯船に浸かってください。
あとは早寝早起きを心がけて、体に溜まっている疲労を少しずつ抜いていきましょう。
疲労が溜まっている状態ほど、疲労を感じやすいものです。
疲労をリセットするためには睡眠が一番効果的なので、1日の9時間を目安に眠りましょう。
疲れやすい方は睡眠時間を30分以上延ばしてみることをおすすめします。

クエン酸の摂取量と副作用

クエン酸の摂取量は1日5〜15g程度が好ましいと言われています。
商品によって目安量が異なり、明確な基準は決まっていません。
非常に酸味の強い成分なので、胃腸の状態に合わせながら量を決めていきましょう。
最初は5gくらいから始めてみて、問題がなければ15gまで増やしていきましょう。
他の健康食品と異なる点は、酸味が強いので飲み過ぎると口内炎や胃痛を招くことです。
クエン酸は薬ではないので副作用はありませんが、胃腸が弱い方は少量から始めるべきでしょう。

 

飲み方としては水に溶かして、ジュース代わりにするのが一般的です。
非常に酸味が強いので、500mlに5g程度を溶かして飲んでみましょう。
砂糖を入れると甘くなることで、酸味を若干感じにくくなります。
クエン酸粉末は美味しくないという方には、レモン果汁の摂取をおすすめします。
こちらも副作用がなく、疲労回復に役立つジュースとして知られています。
レモン果汁も非常に酸味が強いので、1日あたりの摂取量は5〜15g程度がよいでしょう。
あまり飲み過ぎると胃がチクチクしてくるので、胃の痛みや違和感を覚えるようなら摂取量を減らしてください。
飲むタイミングは食後が好ましく、酸味成分なので食前・空腹時は避けるべきです。

 

クエン酸といえば黒酢

クエン酸が豊富に含まれていて健康のために飲まれているものとして黒酢があります。
他にも様々なアミノ酸が豊富に含まれています。
黒酢ドリンクもありますが簡単に摂取できるサプリメントも多く出てきています。
そこで興味のある方はこちらの黒酢サプリを紹介しておきます。